自主防災訓練


東風校区で糸島市管内最初になる自主防災訓練が実施された。地震発生を想定したもので、校区内にある7行政区の一時避難所に集合し点呼後校区の避難場所である東風公民館に避難した。その後消防本部の指導によりAEDを使った救命救急訓練を始め消火器取扱、応急担架の訓練や煙体験など参加した市民は実際に自分達が体験する事で防災訓練の重要性を実感されたのでは。

災害は何時襲ってくるか判らない。地震や原発事故はもちろんの事、東風校区は水害の危険とは背中合わせで特に対策を講じる必要がある地域でもある。継続的な避難訓練の実施と同時に行政による水害防止対策に対して住民目線での提案をしていく責任と重要性を再確認した今回の訓練でした。