日別アーカイブ: 2013年7月16日

呆れて物が言えないってこんなこと

前回の投稿で「議員は何を言っても許されるのか」でいろいろ述べましたが、糸島市議会の伊藤千代子議員(共産)は相変らずの論調で私(小島忠義)や松本市長に対して許し難い批判を繰り広げています。真実を指摘・批判されることならば私だって市民の皆様に選んでいただいた議員です。素直に訂正もし、謝ります。

今回指摘・非難されている事は伊藤議員の全くの誤認で、一連の投稿記事は悪質きわまりないものです。この記事を読まれた方は私が悪者に映っている事でしょうね、きっと。

この事は明らかに名誉毀損にあたると思っています。ブログやチラシで散々悪者扱いされました。市民をだまし続けようとしている とか カンネンして真実をすべて市民に話し、謝罪すべきだ 政治家としての良心が残っているなら とか まさに呆れて物が言えません。

真実は一つしかありません。この件を決着するには裁判所にお願いするしか他に方法は考えられません。

こんな事で議員としての時間を費やさざるを得ない事は甚だ残念ですが、悪戯に市民の不安を煽る伊藤議員の言動は許せません。必ずやキッチリとした結果が出ます。注視してください。