活動報告

議会通信「かけ橋」

前原市議会議員時代から続けている議会通信「かけ橋」はご近所に個別配達をしております。毎回、住民の方と直接お顔を合わせるのが楽しみですが、より多くの方に私の想いをお伝えできれと思い、ホームページでも閲覧できるようにしました。

  • 42号 平成29年10月発行 (最新号)
  • 41号 平成29年7月発行
  • 40号 平成29年4月発行
  • 39号 平成29年1月発行
  • 38号 平成28年7月発行
  • 37号 平成28年4月発行
  • 36号 平成28年1月発行
  • 35号 平成27年10月発行
  • 34号 平成27年7月発行
  • 33号 平成27年4月発行
  • 32号 平成27年1月発行
  • 31号 平成26年10月発行
  • 30号 平成26年7月発行
  • 29号 平成26年4月発行
  • 28号 平成26年1月発行
  • 27号 平成25年10月発行
  • 26号 平成25年7月発行
  • 25号 平成24年4月発行
  • 24号 平成25年1月発行
  • 23号 平成24年10月発行
  • 22号 平成24年7月発行
  • 21号 平成24年4月発行
  • 20号 平成24年1月発行
  • 19号 平成23年10月発行
  • 18号 平成23年7月発行
  • 17号 平成23年4月発行
  • 16号 平成23年1月発行
  • 15号 平成22年10月発行
  • 14号 平成22年7月発行
  • 13号 平成22年4月発行
  • 12号 平成21年10月発行
  • 11号 平成21年8月発行
  • 10号 平成21年4月発行
  • 9号 平成21年1月発行
  • 8号 平成20年10月発行
  • 7号 平成20年8月発行
  • 6号 平成20年4月発行
  • 5号 平成20年1月発行
  • 4号 平成19年10月発行
  • 3号 平成19年8月発行
  • 2号 平成19年4月発行
  • 1号 平成19年1月発行

前原市議時代の実績

Ⅰ期約3年間・総務文教常任委員会に所属し財政、学校教育、人権政策に深く関わる。

  • 議会広報委員として、広報まえばるの編集に尽力
  • 平成21年決算審査特別委員会委員長として決算審査の取りまとめを行う。
  • 学校給食での地産地消を推進するため、教育委員会とJA(伊都菜彩)との連携に一役買い地産地消率向上に貢献しました。
  • 地元の長年の念願だった通学路の歩道設置に行政側の協力を取れ付け、実現にこぎつけました。

地域での取り組み

市政報告会及び意見交換会の開催

この1年間の議員活動の報告と、現在の糸島市が抱える問題点・課題点の解決に向けた私の考え、行動予定を来場者に公表し、又来場者から意見を聞き、意見交換を行いました。議員活動を理解していただくため、又行政に対して関心を持ってもらうため有意義な会だったと思います。


私自身にとっても大変勉強になり、更なる努力の必要性を痛感した一日でした。今後も定期的に開く予定です。

夏越祭り

 地域内分権が少しずつではあるが芽生えてきた。地域の伝統行事の一つ、夏越祭りが梅雨空の雨模様の中実施された。恒例の神輿担ぎには先頭きって参加、ワッショイワッショイの掛け声のもと4時間余りかけて区内全域を練り歩いた。この日ばかりは老若男女一体となり地域が盛り上がった。これこそ地域活動、年に一度じゃもったいないな。

田植え体験イベント

 平成12年から続いている小学生による田植えが、地域のひとを中心に沢山の人の協力により実施された。5年生118人に教師・父兄も加わり、2時間かけて約300坪の田んぼに苗を手植えした。1株の稲には20本くらいの穂ができ、お茶碗一杯には約3000粒のお米が入っているので2株の稲で1人分のご飯になることや、収穫までの苦労話など子ども達にはいい経験になったと思います。農業に関心を持ち、食の大切さを学んだ子ども達がたくましく成長するのを願い、又参加し手伝いをしてくれた地域の皆さんに感謝したいと思います。私も出来る限り応援して行きます。

東風校区ビーチボールバレー大会

 6/13開催の校区ビーチボールバレー大会の一コマです。予選で健闘したにもかかわらず、得失点差で決勝トーナメントには進めず涙を呑んだ一日でした。一体となっての盛り上がり、これが地域主権の行政が目指すコアーの部分じゃないですかね。

草刈りと畑の耕し

5月9日は地元小学校の校庭の、草刈りボランティア活動に参加。参加者は児童の父さん、お母さんが約210人、先生方が約20人、地域のボランティアが20人以上の大多数で校庭の草刈、刈った草の運び出し、そして清掃。2時間の作業で校庭は見違える程にきれいに変身。みんなが地域のことに関心を持ち、力を合わせればかなりの事が出来ると思う。まさしく市民協働の街づくりのモデル事例。皆さん笑顔で和気あいあい、連携の輪も広がった気がした一日でした。

草刈り作業が終わった後、今度は学校敷地内にある畑で数人の先生やPTAの役員さん達がなにやら不安そうに立ち話。聞いてみると、児童に夏野菜を植え付けさせたいが畑の耕し作業が大変ね、って。そんな事なら僕に任せなさいって、買って出る事に。すぐに我が家に戻りトラクターを持って学校に。それから約2時間の農作業の末立派な畑に整地完了。近日中には種まきの準備に入るとの事、夏には立派な?ナスやトマトが収穫出来ることでしょう。みなさんに喜ばれ楽しいひと時でした。

浦志川の清掃作業

愛すべき糸島の自然を守るために10年前から浦志川の清掃と浄化作業に地元の方や子ども会と一緒に取り組んで参りました。昨年は鯉の放流と手作りの看板を設置しました。きれいな川を取り戻し維持してゆくため力を合わせて今後も頑張っていきます。

そば打ち体験

3年前から地域の方々(老人クラブ、子ども会、区民)とそばの種まきから収穫作業、そしてそば打ち体験を一緒になって行っています。最後の試食会ではお店のそばより美味いと好評で盛り上がり、地域の和形成に一役買っています。