カテゴリー別アーカイブ: 議会

呆れて物が言えないってこんなこと

前回の投稿で「議員は何を言っても許されるのか」でいろいろ述べましたが、糸島市議会の伊藤千代子議員(共産)は相変らずの論調で私(小島忠義)や松本市長に対して許し難い批判を繰り広げています。真実を指摘・批判されることならば私だって市民の皆様に選んでいただいた議員です。素直に訂正もし、謝ります。

今回指摘・非難されている事は伊藤議員の全くの誤認で、一連の投稿記事は悪質きわまりないものです。この記事を読まれた方は私が悪者に映っている事でしょうね、きっと。

この事は明らかに名誉毀損にあたると思っています。ブログやチラシで散々悪者扱いされました。市民をだまし続けようとしている とか カンネンして真実をすべて市民に話し、謝罪すべきだ 政治家としての良心が残っているなら とか まさに呆れて物が言えません。

真実は一つしかありません。この件を決着するには裁判所にお願いするしか他に方法は考えられません。

こんな事で議員としての時間を費やさざるを得ない事は甚だ残念ですが、悪戯に市民の不安を煽る伊藤議員の言動は許せません。必ずやキッチリとした結果が出ます。注視してください。

 

議員ならどんな発言も許されるのか

昨年12月議会で現在進行中の前原東土地区画整理事業に関してI議員(共産)が事実と反する発言を繰り返しました。その内容はその区画整理事業区域内にあるため池について    1.江戸時代に浦志地域の先祖の人達が農業用水の確保のため築造したため池を洪水調整機能を持ったため池だと誤認し一人合点な主張を繰り返した。                  2.そのため池が私(小島忠義)個人の所有だと断定し議員として違法行為をしているかのごとくの発言を繰り返した。この発言に対して「動議」発言(誤った発言の取り消しを要求する発言)を行い、執行部を含めた確認作業でI議員の発言が間違いである事が判明したにも係らず非を認めるどころか、答弁した市執行部までウソをついているとまで言い放ち反省の意向が全く伺えず議会の秩序を乱した。

また去る6月議会では不規則発言により3日間の出席停止処分とその後の理解に苦しむ行動(議員の後をつけ勝手に店内に入り、変装した服装でその場の写真を取り自分のブログに載せ虚実を交えたコメントを投稿)で共産党議員を除く全議員の賛同により「議員辞職勧告決議」が可決された。

その後I議員は自身のブログ上で数々の暴言・中傷を繰り返した。 ・市長は「ウソとやらせの天才」   ・市と議員がグルになってウソをつく  等など

そして先の12月議会での発言(冒頭に記述)について性懲りもなくI議員の発言が正しく私を含め市がウソの発言をし、私(小島忠義)が利権に絡んでいるようなコメントを記載している。

議会内でいくら説得しても聞く耳を持たないI議員に対して法的処置(名誉毀損)を取る事にし準備を開始しました、私は最後まで戦います。このブログをご覧になった方の意見を聞かせてください。

最終報告決定

昨年4月、糸島市議会内に設置された9人の議員(私もそのメンバーの一人)からなる「行財政改革及び行政評価に関する調査特別委員会」も延べ22回もの会議や先進地視察を重ね、この度最終報告として市長、議長に対して答申を行なう運びとなった。

二元代表制の一翼を担う議会の役割が問われる中、議員自ら動いて議会活性化のための方策作りと、行政・執行部に対しては市民目線による施策の実行のための提言をまとめたものである。

今年の6月に中間答申した提言の一部が実行に移された。議員定数の削減と、決算審査のあり方の見直しである。

議員定数について、削減数は全員協議会で決定したのを受けて、次回の本会議において議員定数に関する条例の改正を可決した時点で決まる事になる。

合併して市民ニーズの多様化に応えるため、議会の果たす役割は一段と重要になってくる。議員一人ひとりの資質向上なくして改革はなし得ない。今まで以上に精励してゆきたい、いや精励してゆきます。

糸島市議会 議員定数減を可決

糸島市議会は8月5日に開催された議員全員で構成する「議員定数に関する特別委員会」において、予てより審議していた議員定数(現在24人)を削減する事を賛成多数で可決しました。議員定数については、「行財政改革及び行政評価に関する調査特別委員会」(私もこの委員会のメンバー)の中間答申の中で提案されたものです。削減の数は今後の審議の中で決定されます。次回選挙(H.26年2月予定)より実施される事となりました。

議会不要論もささやかれる中、議員の役割を再認識して「あの人を議員に選んで良かった」と言われる議員を目指して全力投球で頑張ります。